猫カフェ店に選ばれているペット火葬は合同火葬

合同火災ならお得度が高い?猫カフェ店でも利用しやすいペット葬儀

猫カフェの従業員が亡くなった~ペット火葬で供養をしよう~

二匹の猫

猫カフェで働いていた猫が亡くなってしまった場合、どのように供養してあげると良いのでしょうか?ペット火葬での供養についてご紹介します。

立ち会えないなら合同火葬が最適

火葬をして丁寧に弔ってあげたいけどなかなか立ち会えないという場合は合同火葬が最適です。合同火葬は元々一般的に実施されていたもので、複数のペット達を一緒に火葬、埋葬するという方法になります。合同火葬の場合、遺骨を返骨することはできないため、火葬の現場に立ち会う必要もなく、ペット火葬業者にお任せして埋葬するというような形になります。

合同火葬をした人の声

初めてでしたが、料金がリーズナブルでとても安心しました。(40代/男性)

初めて猫の火葬を依頼しました。最初はどうなるだろうと不安もありましたが、業者の方が丁寧に説明してくれたので不安も少し和らぎました。また、料金も比較的リーズナブルに執り行うことが出来たのでとても安心しました。ペット火葬をお願いして良かったと感じています。担当してくれた方も終始丁寧で、またぜひともお願いしたいと思いました。

合同火葬でしたが、それでも十分な供養になったと思います。(50代/女性)

ペット火葬で合同火葬を利用したことがあります。お坊さんや納骨堂・位牌などに関して無理に勧められることもなく、こういったものがありますという提案だけで、特に強引な印象はありませんでした。見積もりの料金もサイトで確認したものと変わりなかったので安心できました。合同火葬となりましたが、十分良い供養を行なうことができたと思います。

猫の火葬を任せる業者~立ち会えないからこそ優良な業者を選ぼう~

火葬に立ち会えない時は、きちんと丁寧に扱われているか、埋葬されているのか不安に感じる方も多いかと思います。だからこそ、優良業者を選ぶ必要があるのです。

すべてを業者に任せる合同火葬

女性

合同火葬ではすべてを業者に任せることになります。立ち会うことがないため、遺体は埋葬されるまで業者に預けなくてはなりません。ですから正しく火葬をしてもらう、供養をしてもらうために、信用できる業者に依頼することが重要なポイントとなります。また、火葬後の遺骨はどこに埋葬され、納骨されているのか、その場所にお参りすることはできるのかなども聞いておきましょう。

業者選びの疑問

ペット火葬を依頼する業者はどのように選ぶべきですか?
まず、火葬炉は自社のものを使っているかを確認しましょう。他社の火葬炉を使用している場合、そのペット火葬業者は仲介業者である可能性が高いです。次に、創業年数をチェックしてみましょう。短くても優良業者はありますが、長ければ信頼度も高いと言えます。そしてサイトやパンフレットを見た時にイメージ画像ばかりが表示されている場合がありますが、なるべく具体的で分かりやすい画像を提示している業者の方が信頼できると言えるでしょう。

猫カフェ経営者の心構え

猫は生き物であり、その生命は人間の命と変わりありません。ですから、猫カフェの経営者は亡くなった後も最後まで責任を持って供養を行なうべきです。合同火葬をすれば、立ち会いをせずに埋葬することができます。しかし、この場合でもすべてを業者に丸投げせず、きちんとペット火葬業者を比較して、一番丁寧で心のこもった仕事をしてくれる優良業者を選ぶことが大切です。亡くなってしまった、愛する猫のために最大限出来ることをしていきましょう。

TOPボタン