ペット火葬業者の安心サービス~合同火葬後の対応~

合同火災ならお得度が高い?猫カフェ店でも利用しやすいペット葬儀

合同火葬が完了したら~これまでの働きを称えてあげよう~

大切な従業員でもある猫たちの合同火葬が終わった後、「どのような供養をしてくれるのか」などの火葬後の疑問を解消します。

合同火葬が終わった後

お墓

猫たちの合同火葬が終了した後、スタッフが丁寧に骨壺へ遺骨を納めてくれます。その後、満1年を迎えるまで他のペットたちと一緒に納骨・供養が行なわれます。満1年を迎えると合同で永代埋葬する事になり、遺骨に関しては返骨出来ないペット火葬業者が多いのですが、好きな時に霊園まで供養しに訪ねることは可能なので安心です。

合同供養の対応の疑問

合同供養が無事に完了したことを知らせてくれますか?
郵便などで知らせてくれるペット業者が多いようです。合同で行なった火葬や納骨が終了した後には郵便などでお知らせをし、お墓参りに行く事が出来ます。業者によっては、亡くなった翌年から命日の一か月ほど前に年回忌供養のお知らせを郵便で送ってくれるところもあるのです。中には慰霊祭を行なう業者もいて、供養祭についての便りが送られてくる場合もあります。
合同墓に納骨された後はちゃんと供養してくれますか?
合同火葬された後、お墓に納骨されたらきちんと供養されるか心配になるでしょう。業者によっては様々ですが、49日や1回忌など個別で法要をするところもあります。中には、合同供養祭を行なう業者もあります。毎月や毎年、他の飼い主の皆様と一緒に亡くなった犬や猫たちを供養します。自由に参加出来るので、猫カフェの従業員も一緒に行く事も可能です。

お墓参りはしっかり行く

従業員として毎日働いてくれた猫たちにも、きちんとしたお見送りをする事が大切です。合同で火葬してあげる事で旅立ちも寂しくないでしょう。火葬の完了や供養が行なわれたことは、業者から連絡されるようになっています。また、ペット火葬の業者によっては慰霊祭などで毎年供養もしてくれます。猫カフェの従業員がみんなで一緒に行く事は難しいでしょうが、一緒に働いていた従業員でもあるので、休みなど時間がある場合にはお墓参りに行ってあげましょう。自分たちでも供養する事で、猫たちも見守ってくれます。

TOPボタン